2月4日レッスン「火星調査へ出発!」

こんにちは
フォルスアカデミー フォルスロボットスクールです。

第9回レッスンでは「Mission on Mars -前篇-」と題して、プログラミング学習を通して
火星についての勉強も行いました。

 

子どもたちに、火星について何か知ってる?と問うと……

赤いのは土が錆びてるから!

惑星は楕円に回ってる!

それぞれ思い思いの回答をしてくれました。

 

ここで先生から皆さんに問題です。

1.何故火星は赤く見えるの?
2.火星の気温はどの位?
3.火星と地球の距離はどの位?
4.地球と比べて火星って大きいの?小さいの?
5.人は火星へ行ったことがあるの?
6.火星に人は住むことができるの?
7.火星探査で分かったことは?

分かりますか?
中々難しい問題かと思います。

 

子どもたちにはプログラミングだけでなく、
今回であれば火星、天体といった日常のいろいろなものに興味を持ってほしいです。
子どもたちが発した「へー!」という体験を、
まずは授業からでも良いので増やしていってもらえたらと思います。

(問題の答えはレッスンレビューの後で)

 


中村先生作「宇宙飛行士」

今回のレッスンは火星ロボットを使い、
火星に取り残された宇宙飛行士を助けアンテナを修理するというもの。
制作したロボットは、カラーセンサーや超音波センサーが無い為、
微調整が大変難しいミッションとなりました。

 

その中でも、子どもたちは根気よく最後まであきらめず挑戦してくれました。
また、今回から「プレゼンテーション」の実演が始まりました。
今回は初めてということもあり、難しい恥ずかしいという声が目立ちましたが、
場数を踏んで慣れていってもらいプレゼンテーションスキルを身に付けていきましょう!

問題の答え
1.地表が酸化鉄で覆われているから。2.-55° 3.公転が楕円の為正解はない(最近5,400万㎞、最遠1億㎞)4.地球の半分くらい 5.ない 6.難しい 7.地面が乾燥している、水が無い…etc

*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—
小学生 向け ロボット教室・プログラミング教室 フォルスロボットスクール
東京港区芝浦(田町駅)と 大阪吹田市江坂(江坂駅)で開講
体験会随時開催中!
フォルスロボットスクールHP:/force-robot/
お問い合わせ先:東京:03-5479-2100 大阪:06-6155-7010
*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—

2017/02/06 カテゴリ:フォルスロボットスクール 発信:フォルスロボットスクール

「ブログ」関連記事