TIPS|そろばんで鍛える【忘れていく】記憶

こんにちは。

フォルスアカデミー品川校 フォルスそろばん教室です。

 

前回のTIPSでご紹介した、そろばん上達のポイント「手続き的記憶」は
「長期記憶」と呼ばれる記憶の1種です。

長期記憶とは文字通り、長い期間覚えておくことのできる記憶のことを言います。(その期間はほぼ永久的とも言われています)

 

今回の記事では、長期記憶の反対、「短期記憶」とそろばんについてお話していきます。

 

 

「短期記憶」とは、数十秒から数分、数十分の短い期間覚えておくことのできる記憶のことを言います。
そろばんは長期記憶に影響を与えるとともに、短期記憶にも良い影響を与えると言われています。

そろばんは数字を覚えて計算、数字を覚えて計算の繰り返しです。
特に「読上算」や「読上暗算」は次々に読み上げられる数字を計算していくので、
問題を見直すことができません。ゆえに記憶力がカギとなります。

これらの競技を行っている際、どれだけ慣れてきても珠を弾き間違えてしまうということはあるものです。

 

 

そんなときは数字を戻って弾きなおすという作業を行っていきます。

 

 

桁数が増えれば増えるほど、何の位の数字を読み上げられているのか判断しないといけないため、弾きなおしは難しくなっていきます。
たとえば「10」と聞いたときに10万なのか10なのか判断をしなければならないため、覚えておくべき数字が増えていくのです。

 

ふつう、短期記憶で一度に覚えることのできる情報量は7±2個の範囲が限界だと言われています。
しかし、そろばんの熟達者にもなると10桁以上の数字を記憶することができるようになると言われています。

 

短期記憶は、実は日常でかなり使うことの多い記憶です。
電話番号を覚えたり、なにを買うか覚えたり。
電話をしながらメモを取るなど複数の作業を並行して行う際も
短期記憶が影響すると言われています。

 

短期記憶の記憶時間は短く、いずれ忘れてしまいますがとても重要な記憶の種類なのです。

 

 

「そろばんは記憶力を養う」とよく言われますが、細かく見ていくと
一言で記憶と言ってもいろいろな効果があることが分かります。

記憶だけに限らず、そろばんにはまだまだたくさんの魅力があります。

フォルスそろばん教室では無料の授業体験を常時行っていますので、
ぜひ一度、お気軽に参加してそろばんの魅力を探ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

。o○ .。o● .。o○ .。o○ .。o○ .。o○ .。o●.。oo○ .。o●

一生ものの【計算力 (速算 + 暗算) と集中力 (記憶力 + イメージ力)】を。

フォルスアカデミー フォルス そろばん 教室 生徒随時募集中!
お気軽に お問合せ ください。
HP:https://force-soroban.jp/

港区 港南 品川駅から10分の品川校

電話:03-5479-6488

。o○ .。o● .。o○ .。o○ .。o○ .。o○ .。o●.。oo○ .。o●

2018/09/27 カテゴリ:フォルスそろばん教室 発信:フォルスそろばん教室

「ブログ」関連記事