TIPS|プログラミングに必要な国語力?

こんにちは
フォルスアカデミー フォルスロボットスクールです。

2020年から小学校でプログラミングの必修化が謳われる中で、プログラミング教育への関心も
高まりを感じます。

 

さて、必修化されるということは、国語や算数、理科などと同等の学習意義があると認められたということです。
プログラミング、特にロボットプログラミングがこれらの要素を内包した『複合的な学び』にあたることはご存知でしょうか。

 

プログラミングと関わりの深い教科で思いつくものといえば、
計算や数値の操作、論理的な思考力につながる算数が思いつきますね。
ロボットの動きは物理的要素が多分に含まれるため、理科の側面もあります。

 

それらに加えて、実は、国語もプログラミングでは大変重要になってきます。
プログラミングでは、何を作りたいか、そのための手順を事前に考え、
それをコンピュータに命令していきます。

 

たとえば、フォルスロボットスクールでは、プログラミングを行う前に必ず『フローチャート』を書きます。
「進む」「曲がる」といったロボットの動きを言葉にした設計図のようなものです。

これがしっかり書けていると、プログラミングをスムーズに進められたり、
うまくいかなかったときは改善点を見つけやすくなったりします。
フローチャートの作成は先生と一緒にクラスみんなで行うことが多いのですが、
チームや個人で考えて書くことにも挑戦しています。

中には目に見える動きだけでなく、カラーセンサーや超音波センサーなど
ロボット自身が考えていることを言葉にすることもあり、慣れないうちは難しいと感じることもあります。

ロボットスクールなのでロボットの改造やプログラミングではもちろん、
さらにロボットが「何をされたか」、その動きを日本語で書くことにもたくさん頭を使って
います。

*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—
小学生 向け ロボット教室・プログラミング教室 フォルスロボットスクール
東京港区芝浦(田町駅)と 大阪吹田市江坂(江坂駅)で開講
体験会随時開催中!
フォルスロボットスクールHP:/force-robot/
お問い合わせ先:東京:03-5479-2100 大阪:06-6155-7010
*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—

2017/09/28 カテゴリ:フォルスロボットスクール 発信:フォルスロボットスクール

「ブログ」関連記事