TIPS|ロボットがカフェ店員に!

こんにちは
フォルスアカデミー ロボットスクールです。

新年あけましておめでとうございます。
今年初めての記事になります。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

お正月はゆっくり過ごせましたでしょうか。
初詣に行かれた方もいらっしゃれば、寝正月だった方もいらっしゃるかもしれませんね。

さて、技術の世界でも新しい取り組みが始まっています。
2019年1月7日から、ロボットを使ったオフィスビル内でのデリバリーが開始しました。
これは、国内初の実証実験で多方面から注目されています。

この実験は、アメリカのSavioke(サビオーク)社の自律走行デリバリーサービスロボット「Relay(リレイ)」を活用しており、
スマートフォンの専用アプリからコーヒーを注文すると、カフェに待機している「Relay」が注文者のもとまでコーヒーを運んできてくれるというものです。

 

 

「Relay」は、自動で障害物避け、目的地まで自律搬送したり、自分でエレベーターに乗車してフロアを移動したりすることができます。
ちなみに、ホテルではすでに導入されておりフロントから客室にアメニティや貸し出し部品届けているんだそうです。
なんと、北米の大手ホテルでは、15万回以上もの搬送実績があるそうですよ。

ロボットがコーヒーを届けてくれるなんて、とてもわくわくしますね。
先生もぜひとも行ってみたいです。

「Relay」はお客さんのもとへコーヒーを運ぶという”Mission”を行っているわけですが、
当スクールの授業で扱うオリジナルテキストにも「Relay」と同じように、荷物を目的地まで運ぶという”Mission”があります。

その”Mission”は、ロボットに取り付けたアームで荷物をつかみ、コース上の指定された場所まで運ぶというものです。
その途中には、カーブや道を遮る障害物などがあり、子どもたちはそれらを乗り越えながら、目的地点に荷物を届けようとプログラミングを頑張っています。
「Relay」に似てますね。

当スクールの子どもたちは、「Relay」に負けないくらい優秀なロボットをプログラミングしてくれます。
未来の優秀なロボットは、もしかすると今の子どもたちが作り上げてくれるかもしれませんね。

 

 

*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—
小学生 向け ロボット教室・プログラミング教室 ロボットスクール
東京港区港南(品川駅)と 大阪吹田市江坂(江坂駅)で開講
ロボットスクールHP:/force-robot/
お問い合わせ先:東京:03-5479-2100 大阪:06-6155-7010
*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—

2019/01/25 カテゴリ:ロボットスクール 発信:ロボットスクール

「ブログ」関連記事