子ども未来キャリアの目的

Future Career Full Of Possibilities「未来のキャリア」は可能性に満ちています

小学生から“夢”“目標”を持ち“社会で必要な力”を育む
次世代型社会体験スクールです

子ども未来キャリアは子ども達に“社会で必要な力”を身に付け
“夢”や“目標”をもって充実した生活を送れるようになるためのスクールです。
現在の公教育では、諸外国と比較してリアルな社会について
学ぶ機会や社会に出て必要になる「実践的な力」を育む機会が少なくなってしまっています。
これはとてももったいないことです。

本来は“社会について知る機会”が与えられ、それを元に
“夢”“目標”を作り、充実した生活を送ることが
よりよい人生になるために重要であると私たちは考えています。

子ども未来キャリアは子ども達が夢・目標を持てるための
「キャリアビジョン」と夢・目標を叶えるための「ビジネススキル」両輪を育てます。
その結果、子ども達が将来に進むにつれて、どんどん充実し
可能性にあふれた生活を送ってもらう事を目的としています。

カリキュラム・レッスンの流れ

Enhanced By Experimence楽しく、よりよく学べる仕組みがあります

キャリア教育とは、本来社会人が教わるもので、とても難しいものです。
そのため、子ども未来キャリアでは、QMIメソッドと呼ばれるアクティブラーニング型の独自メソッドを用いて授業を行います。

使う学習ツールは子どもたちに具体的想起をうながす「スライド投影」と
学習テーマを疑似体験できる完全オリジナル「テーブルゲーム(ボードゲーム・カードゲーム)」です。

QMIメソッドでは、子どもたちが自分のこととして学ぶことができるため、楽しみながら学ぶたのしさにより意欲的かつ、効率的に学ぶことができます。

子どもに興味をもってもらう1.Question

子どもたちに問いかけることで興味を引き出します。講師とのキャッチボールで興味と理解を深めます。

学習の意味を体験できる2.Mission&Game

子どもたちには、1授業ごとに1ミッションという大きな目標が与えられます。ミッションは学習目標と紐づいており、子ども達はミッションを達成する中で、自然と学習の意味を体験することができます。

学びへの誘導3.Introduction

QuestionやMissionによって子ども達の興味が十分に引きあがったタイミングで学びの時間になります。(Introduction)。
普通なら興味のわかない内容でも、Question&Missionによって興味が湧いているため、真剣に学ぶことができます。

学びが根付き・深まる4.+NextAction

授業の最後に学んだ内容を私生活に生かすことのできる課題を出します。学んだ内容が日常の行動に繋がるので、忘れることなく、根付き、深めることができます。

子ども未来キャリアで身につく力

Learning For Enrichment人として「豊か」になるために学びます

社会を知り、自分を知ることで夢・目標がもてる
夢を叶えるために学ぶことができる学びをします

● 夢・目標を達成するためのビジネススキル教育 子ども未来キャリアではどのような職業になっても普遍的に必要になるビジネススキルを学びます。
通常であれば大人向けに行う内容に、エンターテイメントを導入する独自メソッド(QMI メソッド)により、
お子様主体で、自然と楽しく学ぶことができます。ビジネススキルは学校教育における「問題解決能力」ともいえます。

プレゼンテーションpresentation
ロジカルシンキングLogical Thinking
コミュニケーションCommunication
クリエイティビティCreativitiy
GRIT(やりきるちから)GRIT
... and more

● 夢・目標を見つけるためのキャリアビジョン教育 子ども未来キャリアでは子ども達に具体的で、努力に繋がるような夢・目標をもってもらいます。 そのために、子ども達に社会のことを知り、自分の明確な将来像と、それになるための方法について気づいてもらう授業を行っています。

社会について知る

金融・経済
仕事
社会

自分の夢・目標について気づく

逆算思考
努力の方法
計画・自己管理

21世紀スキルから発展した子ども未来キャリアの学習テーマ

More and More
Learning For the Futureもっともっと 未来のために学ぶきっかけをつくります

子ども未来キャリアは国際的に定義された「21世紀型スキル」と「日本の子どもに必要な社会的スキル」を学習テーマとしています。
またこれは、「グローバルなデジタル時代の未来のスキル」と「日本の子どもの未来のためのスキル」と考えています。

21世紀型スキル

21世紀型スキル(Assessment and Teaching of 21st Century Skills)は国際団体ATC21Sによって定義された、デジタル時代となる21世紀以降必要とされるスキルのことです。

ATC21Sには前身「P21」があり、マイクロソフト、アップル、インテル、デルといったIT 企業等の主導で行われた「全ての子どもたちが21世紀に相応しい教育を受けられる」ように21世紀の職場で求められるスキルの体系的整理があります。次の3つです。

1. Information and communication skills : 情報・メディアリテラシー、コミュニケーション力
2. Thinking and Problem-solving skills : 分析力、問題発見・解決力、創造力
3. Interpersonal and self-directional skills : 協働力、自己規律力、責任感・協調性、社会的責任

これをさらに、シスコシステムズ、インテルコーポレーション、マイクロソフトコーポレーションで組織された"ATC21S"プロジェクトチームは、4領域10スキルに定義しました。

思考の方法
(Ways of Thinking)
(1) 創造力とイノベーション
(2) 批判的思考、問題解決、意思決定
(3) 学びの学習、メタ認知(認知プロセスに関する知識)
仕事の方法
(Ways of Working)
(4) 情報リテラシー
(5) 情報通信技術に関するリテラシー(ICTリテラシー)
仕事のツール
(Tools for Working)
(6) コミュニケーション
(7) コラボレーション(チームワーク)
社会生活
(Skills for Living in the World)
(8) 地域と国際社会での市民性
(9) 人生とキャリア設計
(10) 個人と社会における責任(文化的差異の認識および受容能力を含む)

日本の子どもに必要な社会的スキル

日本の子どもにもっと必要といわれるもの、
「調査」「保護者様アンケート」「日本の国家機関の調査」「就職」「キャリアステップなどで重要とされるもの」などで
子ども未来キャリアは学習テーマを構成しています。
具体的には「ディスカッション」、「お金・経済についての理解」「自律・自己管理」などです。
これらは適時、日本の状況、保護者さまのニーズに合わせて、作られていきます。

子ども未来キャリアのテーマ

国際的に定義された「21世紀型スキル」10領域の解釈と
日本の子どもに必要な社会的スキルを学習テーマで構成され、
現在定義されたテーマは14ですが、これらの要素は「時代・社会」や「子どもたちの環境」、「保護者が求める環境」に沿い、
常に更新されていきます。

社会に出て行うことへの苦手意識やゆがんだ恐怖心マイナスな感情を持つ前にある
小学生の子どもたちへのキャリア教育だからこそできる、
~「気づきと経験・行動」の教育の形~
疑似体験を通すことで、
小さいころにみた絵本を大きくなって読み返すとちがう学びがあるように
年齢に応じた学習ができる内容を形作っています。

「"お金"の大切さと成り立ちを知ろう」
「夢を叶える"逆算思考"を学ぶ」
「家族・友達と仲良くいられる"コミュニケーション"」
「友達と協力することの大切さを知る チームで活躍する"チームワーク"」
「自分の意見が言えるようになる 子ども"ディスカッション"」
など、子どもたちのよりよい未来のため、テーマの開発を継続的に行っています。

対象年齢

小学生1年生~小学6年生

お子さまの年齢で学びの目標が異なる事があります。

料金について

各イベント会場ごとに異なるため、イベントページでご確認願います。
イベントページへ
校舎によってはお得なチケット制度もあります。

開催について

フォルスアカデミー校舎および協力スクールイベント会場などで行います。
子ども未来キャリアは21世紀型スキルと日本の子どもに必要とされる社会的スキルを基にした
14を超えるテーマで開催します。

各回1テーマを取り扱いますので、
すべての回にご参加いただくことはもちろん
保護者様が必要と考えるテーマの身のご参加も可能となっています。

保護者の声

神奈川県

とても楽しそうに発言していました。

東京都

ほぼ初対面のメンバーの中で、発言をさせる場を提供して頂いたワークで、
色んな考えがあっていいんだよ、という雰囲気もあり、良かったです。

東京都

学校とは違う異学年のコミュニティーで、学校で習わない内容で、
でも、一番重要!というワークだと思いました。

よくある質問

Q. 何歳から参加することができますか?Click

小学校1年生から参加いただけます。
対象は小学校1~6年生です。
そのため、発達段階に合わせた内容への理解が目的となります。

Q. 親は授業に付き添わなくてはいけませんか?Click

送り迎えは任意でしていただくこととなりますが、基本的に授業中は子どもたちのみとなります。
もちろん、見学可能ですので、ぜひ一度見てみてください。

Q. 小学生の子どもが、大勢の前で発表するのが苦手です。Click

子ども未来キャリアは、自由に発言することが自然にできる工夫がされております。
過去に苦手なお子様でも楽しく参加できたという、お声もいただいておりますのでご安心ください。

Q. 通うのですか?イベントですか?Click

イベント形式の実施となります。
月1回程度の実施となります。

Q. イベントは全て参加しなければいけませんか?Click

各イベントごとにテーマがありますので、参加したいテーマのイベントを選んでいただき、ご参加いただくことも可能です。

Q. どのように申し込めばいいですか?Click

フォルスアカデミーのイベントページから各地域の会場のイベントにお申し込みいただけます。

Q. 参加費はどのようにお支払いすればいいですか?Click

イベント会場にお越しいただいた際に、現金で直接お支払いください。
もしくは事前にチケットをご購入いただき、使用いただくこともできます。
チケットのご使用は購入校舎で可能となります。

Q. 同じテーマのイベントに2回参加してもいいですか?Click

問題ありません。
お子様のレベルアップにより、前回よりもさらに理解が深まることもございます。

Q. 子ども(小学生)にキャリア教育(キャリアビジョン・ビジネススキル)って必要なのですか?Click

子ども(小学生)向けキャリア教育という意味ではとても重要です。
大人のキャリア教育では、仕事のための、すぐに実践するためのもの、であることが多いです。
子ども(小学生)向けのキャリア教育は、子どもの未来のための知識・経験と前向きな感情を身に着けることが主です。
大人になることをネガティブに思わず、また、プレゼンテーション(人前に出る)・ディスカッション(意見を言う)など社会に出ると必要になるものを苦手に思わないことが必要です。
さらに言えば、社会に出ることを楽しみにすること、社会に出る基礎的な力をもって、改めて必要な時期により詳しいキャリア教育を受け、受験や将来の職業選択をできるようにすることが大切です。

Q. 子ども(小学生)にキャリア教育(キャリアビジョン・ビジネススキル)なんてできるんですか?Click

子どもたちの興味を優先する体験型授業にすることで、できています。
当スクールでは、講義形式のキャリアイベントなど、さまざまな形式で行ってまいりました。
結果的に、子どもたちの発達・学校での様子・社会環境を考慮した結果、もっともよい形としてQMIメソッドをつくりました。
詳しくは当ページのQMIメソッドをご確認ください。

Q. 学校(小学校から将来)の勉強にどう役立ちますか?Click

何よりは、子どもたちが学校の身では得られない気づきを通して、問題解決に頭を使うという経験により見識の広がりと自主性を得るところにあると考えられます。
これは(中学・高校・大学)受験・就職にも大変有効といえると思います。
キャリアビジョンを考えることからは、子どものやる気や計画性を育む意味で、勉学にもよい影響があると考えられます。また、ディスカッションやプレゼンテーションのスキルなども同様の活動でよい影響があると考えられます。

Q. 家でもできますか?Click

授業毎に、子どもに学習内容を活かしてもらうためのネクストアクションシートというものを渡しております。
子どものレッスン外での学習に役立つ内容となっています。

Q. どこで開催しているのですか?Click

各地のスクール・イベント会場などで開催しております。
今後開催校は増加していく予定がございます。