TIPS|知りたい!プログラマーのお仕事

こんにちは。
フォルスアカデミー ロボットスクールです。

 

2月に入り、いよいよ寒さが佳境になってきました。
1月の中旬には、各地で初雪が観測されました。
2月も寒さが厳しくなりそうなので、暖かくしてお過ごしください。

 

さて、みなさんはプログラマーという職業はどのようなものか知っていますか。
今回は、実際に学んでいるプログラミングを本格的に学んだ際にどういったお仕事があるのかをみていきましょう。

まず、プログラマーとはプログラミング言語を用いて、プログラミングを組み、システム開発やアプリケーション開発を行う職種です。
扱う製品や言語によって、いくつかの種類に分けることができます。代表的なものをいくつかあげていきましょう。

【1】Webデザイナー
Webページのデザインを考えたり、作ったりする仕事です。
完成したデザインをWebページとして見られるように、プログラミング言語を用いて作っていきます。

【2】ゲームプログラマー
ゲームの制作を行うプログラマーのことです。
ゲームクリエイターが企画した原案からゲームデザイナーが作った仕様書や設計書を元にして、プログラミングを行います。

【3】アプリケーションプログラマー
パソコンやスマートフォンにインストールされているアプリケーションを開発するプログラマーです。企業が日常的に行っている業務の効率化を図るための業務系アプリの開発や、twitterやInstagramをはじめとするSNSなどのブラウザで利用できるWebアプリの開発などを行っています。

他にも、家電製品や電子機器などに組み込まれているプログラムの開発を行う「組み込み系システムプログラマー」や大型コンピューターのシステム開発を行う「汎用系システムプログラマー」などもあり、
ひとえにプログラマーと言っても幅広いことが分かります。

このような仕事を行うプログラマーは、
黙々とパソコンに向かって個人で作業をするイメージを持たれていることが多いです。
しかし、お客様の要望を聞きながら開発を進めたり、チームの仲間と連携して業務を進めたりするなど、多くの人と関わることが多く、コミュニケーション能力が求められる職業なのです。

当教室では、ロボットプログラミングの基本のほかに、
授業の最後に、プレゼンテーションを行い、授業の成果をみんなの前で発表します。
自分の考えや感想を述べたり、講師や生徒からの質問に答えたりする機会がありますので、
自然とコミュニケーション能力が身につくようになっています。

少しでも、プログラマーという職業に興味を持っていただけましたでしょうか。
ロボットスクールを通じて、子どもたちが本格的にプログラミングを学ぶきっかけをつかんでくれると嬉しいです。

 

 

*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—
小学生 向け ロボット教室・プログラミング教室 ロボットスクール
東京港区港南(品川駅)と 大阪吹田市江坂(江坂駅)で開講
ロボットスクールHP:/force-robot/
お問い合わせ先:東京:03-5479-2100 大阪:06-6155-7010
*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—

2019/02/18 カテゴリ:ロボットスクール 発信:ロボットスクール

「ブログ」関連記事